カメラマン向けPhotoshopの画像編集の仕方

一瞬の光、色、形をどう撮影するかを試みる、カメラの趣味の神髄なのだと思います。

Photoshopは私たちカメラマン向けのソフトではありません。
写真を素材として、アート画像を作る為のソフトと私は認識しています。

だから、カメラマンからすると機能が多過ぎます。
それで操作が難しくなり敬遠してしまいがちです。

Photoshopを使うカメラマン
 

しかし、Photoshopを使うと写真が見違える程、インパクトある画像になるのも事実です。
そこで、あくまでも写真撮影を趣味としているカメラマン向けに、Photoshopの画像編集の仕方を下にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

カメラマンなら利用したくなるPhotoshopの画像編集機能

レタッチが簡単になるPhotoshopのレイヤー活用法

レイヤーのおかげでPhotoshopが簡単になる
Photoshopの特徴の一つにレイヤーというのがあります。レイヤーを使うと難しそうなレタッチが簡単になります。レイヤーの便利な画像編集機能を紹介します。

選択とマスクはPhotoshop初心者でも出来る

Photoshopの充実したマスク・切り取り技
Photoshop初心者だと、範囲を選択したり、マスクをかけたりといった操作は難しくて出来ないと思ってしまいがちです。でも、初心者でも出来る機能や技がPhotoshopにはあります。Photoshop初心者の方向けに、選択とマスクの簡単さを紹介しています。


切り取って背景をぼかすPhotoshopの機能

切り取って背景をぼかすPhotoshopの機能
写真は背景も大切です。Photoshopを使うと背景をぼかしたりする事も出来ます。しかし、やり過ぎの写真加工になります。でも、背景をぼかしたいというニーズがカメラマンに高いです。そこでPhotoshopの機能として操作方法を紹介します。写真撮影を趣味としている者としては、やりたくなっても禁断の画像編集方法です。

被写体が切り抜き易くなるPhotoshopのコツ

被写体が切り抜き易くなるPhotoshopのコツ
被写体を切り抜くのは手間がかかります。そこで確実に切り抜くコツや裏技を紹介します。


写真がおしゃれになる!ブラシの活用方法

カメラマンには掟破り?ブラシの活用方法
ブラシとは絵を描く時の筆の事です。写真にブラシを使うと、描くのと近い写真加工が出来ます。だから、繊細で微妙な効果を付けるのに向いています。写真をおしゃれに変えられるブラシを使った写真加工方法を紹介します。

ポートレート写真をセピア色に加工すればおしゃれに!

Photoshopだからこそ出来るセピア色のポートレート写真加工方法
人気のセピア色はポートレート写真ならではのメリットがあります。それはおしゃれな写真になる事です。Photoshopだからこそ出来るセピア色のポートレート写真加工方法を紹介します。


 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました