写真がおしゃれになる!ブラシの活用方法

ブラシ?
写真にブラシは必要ない!

RAW現像するのにブラシを使う人は少ないかもしれません。

勿論、ブラシがなくともRAW現像は出来ます。
でも、ブラシを使った方が、断然、写真がおしゃれになります。

特にPhotoshopのすばらしい機能を利用するにはブラシはかかせません。

Photoshopで写真をおしゃれに変える!
ブラシの使い方を紹介します。

ブラシの活用方法

 

 

スポンサーリンク

 

Photoshopでブラシを最も使う写真加工とは

どういう時にブラシを使うのか?

ブラシなどを使ったことがないという方は疑問に思うかもしれません。

Photoshopで写真加工をする時、最もブラシが使われるのは、おそらく以下の2つの場合でしょう。

ブラシを使いたくなる写真加工の事例を紹介します。

マスクにブラシで部分的に綺麗にする

最もブラシを使う機会が多いのはマスクでしょう。
効果を施したい部分をマスクで指定する際、ブラシをよく使います。

例えば下の紅葉の写真

紅葉の写真

上の写真を撮影する時、あえてピントをぼかしてもう一枚写真を撮りました。
下の様に紅葉が丸くボケた写真です。

この写真をレイヤーで重ねるつもりで撮影したのです。

ピントをずらして玉ボケにした写真

レイヤーについては下記ページで解説しています。

参照 Photoshopのレイヤーって何?

オーバーレイで重ねるとコントラストが付きます。
その折、ブラシを使ってコントラストを付けたい部分を指定しました。

重ねたレイヤーの状態

マスクにはブラシで下の様に白で塗りました。

ブラシで白く塗ったマスク

ブラシで塗ることにより効果がまだらになり、下の様な写真になりました。

玉ボケを重ねてコントラストを上げた紅葉の写真

この様に部分的に効果を発揮させるのにマスクでブラシを使う場合が多いです。

マスクについては下記ページで解説しています。

参照 Photoshopのマスクって何?

ブラシでおしゃれにする覆い焼きと焼き込み

一連のRAW現像の作業で覆い焼きと焼き込みはよく行います。
通常、覆い焼きと焼き込みはブラシを使って行うものです。

ペンタブがないと億劫になってしまう作業かもしれません。

やはりペンタブは写真加工には必要ですね。

写真加工のペンタブの選び方、設定方法
ペンタブは、まだ写真加工をする人には広まっていない様です。 ペンタブがあるとないとではRAW現像の効率がかなり違ってきます。 ペンタブ使うと何かいいことあるの? どういったペンタブを選んだらいいのか? ペンタブの設定...

覆い焼きと焼き込みの事例を紹介します。

覆い焼きと焼き込みとは何か?

覆い焼きと焼き込みはセットで使われます。
覆い焼きは部分的に明るくし、焼き込みは暗くする操作です。

Photoshopのツールバーにも、覆い焼きツールと焼き込みツールがあります。

ツールバーの覆い焼きと焼き込み

写真加工ではツールバーの覆い焼きと焼き込みのツールを使わずに行う方が多いです。

下記にポートレート写真の覆い焼きと焼き込みを事例に操作方法を紹介します。

女性のポートレート写真には覆い焼き

ポートレート、特に女性のポートレートの場合、綺麗に仕上げる写真加工をよくします。
それ故、覆い焼きと焼き込みは必ずと言って良いほど行います。

主に使うのは覆い焼きです。
焼き込みは覆い焼きを修正する時に使う程度です。

女性の横顔

上の女性はよく見ると顔にそばかすやシミが見て取れます。
ポートレート写真では、これらを覆い焼きで目立たなくしする写真加工をします。

アップにした女性の横顔の写真

下の写真は頬の部分だけ覆い焼きを施してみました。
ファンデーションを塗った様な効果が見て取れます。

頬の部分だけ覆い焼きを施した女性の横顔の写真

覆い焼きと焼き込みを行う場合の操作方法の概略は以下の様になります。

まず、CTRLキーとSHIFTキーとNキーを同時に押すと以下の様に新規レイヤー画面が出てきます。

新規レイヤーウィンドウ

描画モードをソフトライトもしくはオーバーレイにします。
その下のチェックボックスにチェックを入れます。

新規レイヤーウィンドウの操作

OKボタンをクリックするとグレー色のレイヤーが出来ます。

作られたグレー色のシンキレイヤー

このグレー色のレイヤーに薄い白色を使ってブラシで塗っていくのが覆い焼きです。

覆い焼きの効果により下の写真の様に毛穴まで見え難くなります。
元の写真では素朴な感じの女性でしたが、おしゃれな女性へと印象が大きく変わりました。

正しく化粧をした様な顔になるので、女性のポートレート写真には頻度多く覆い焼きを行います。

覆い焼きを行った女性の横顔の写真

実際、女性が化粧をする時、ブラシを使ったりしますね。
それ故、ペンタブのペンを使って覆い焼きをした方が操作がし易いです。
 

参照 ペンタブの選び方

 

風景写真も覆い焼きと焼き込みで微妙な調整をする

写真は光と影を写したものです。
風景写真においては、光や影を操るのに覆い焼きと焼き込みは効果的です。

自然は微妙なバランスが美しいので、写真加工も過度にならない様に気を付けなければなりません。
ブラシは微かな調整をするのに便利です。

例えば下は夕日に染まる里山の写真です。

夕日に染まる里山の写真

印象的で綺麗なのですが、ところどころ、明るすぎる箇所があります。
また、色飽和を起こしている場所もあります。

自然を撮影すると明るさや彩度は一様ではなくまだらになります。

そういう時にブラシなら微妙な調整がし易いです。

焼き込みをして下の様に若干修正を加えました。

明るい部分に焼き込みした写真

元の写真より焼き込みを施した写真の方が明るい部分が見や易くなったと思います。

ブラシで色飽和を起こしている箇所を修正する

ブラシで少し色を加えると写真が見違える程おしゃれになる

上記の覆い焼きと焼き込みは明るさだけの操作ですが、ブラシを使うと部分的に色を加えることがし易いです。

実際、撮影時にもう少し色があったら良かったのに
・・・と残念に思う時があります。

帰ってからパソコンで写真加工をすると、見違える様におしゃれに変えることが出来ます。
ブラシを使った色を加える写真加工の事例を紹介します。
 

スポンサーリンク

 

単調な写真をおしゃれに変える技

春になると桜の前に菜の花が咲きます。
菜種は群生するので撮影すると下の様に画面が黄色と緑で埋まってしまう場合が多いです。

黄色と緑でいっぱいになる菜の花の写真

2色だけというのは単調な色彩で面白みが欠けます。
そこでブラシを使って淡く微妙な色を加えてみると大きく印象が変わります。

俄然、おしゃれに見えて来ます。

色を加えた菜の花の写真

微妙に色を加えて光っているかの様に発色させるテクニック

にじませたり、発色させたりする時にブラシで明るい色を加えたりします。
ブレンドモードをスクリーンにすると明るくなり、おしゃれな感じになります。

下の富士山の稜線に風に舞った雪がいい感じでした。

富士山の写真

影になっている箇所にも日が差し込んできているのをPhotoshopでもう少し強調してみようと思います。

富士山の写真の上に透明なレイヤーを作り、明るい黄色でわずかに色付けを行いました。
ブラシで描いた色にすこし、ぼかしを加えました。
そしてスクリーンでブレンドすると舞っている雪が増えた感じになります。

加えたレイヤー

つまり、発色性を加えるには以下の手順で行う方法があります。

  1. 新規レイヤーにブラシで色をのせる
  2. 新規レイヤーにぼかしを加える
  3. ブレンドモードをスクリーンにする
  4. 不自然にならない様に不透明度で調整する

光を加えた富士山の写真

少しだけ、微妙にといった加工を施すにはブラシは使い易いツールです。

微妙な違いを下の画像で比較して見てください。

ブラシの形を活用して写真加工を楽しもう

ブラシには形があります。
通常は、〇(丸)、つまり円形です。

〇の連続で線になります。

このブラシの形を活用する写真加工の事例を紹介します。

※ 以下は通常のRAW現像では行わない写真加工です。

ブラシは形を変えられる

通常は〇の形でブラシを使います。
例えば、下の写真に光線を加えてみたい場合は、ブラシの形を変えて見てもいいかもしれません。

橋の上の街頭の写真

Photoshopのコマンドラインの下のブラシセットピッカーを開くとブラシの形を変えることが出来ます。
今回は下の様に、円形をつぶした様な形に変えてみました。

ブラシの形を変える

形だけではなく、角度も変えて下の様に、街頭に光線を描き加えてみました。

描き加えた光線

円形のままより長細い円の方が、線の末端がぼけた感じになります。
透明度を調整して光線を薄くしてみることも出来ます。

光線を薄くした街頭の写真

色々な形のブラシを使ってみよう

色々な形をしたブラシをPhotoshopに登録することが出来ます。
例えば、下の様な形をしたブラシを登録してみました。

ブラシの事例

この様に白と黒色の画像を使ってブラシを登録することが出来ます。

下の火のほのかな明かりの写真に上のブラシを使ってみようと思います。

竹の中のろうそくの火

スタンプを押すように、明るい部分にブラシを効かせてみました。

火花が散った様な写真になります。

この様に、ブラシの形を使うと面白い写真にすることが出来ます。

火花が散った様な炎

 

タイトルとURLをコピーしました