撮影だけではなく、写真をRAW現像して綺麗に仕上げよう

フイルムで写真を撮っていた頃は、現像は街のカメラ店にDPEに出していました。

デジタルカメラになってそれがパソコンで出来るので、昔よりもカメラの楽しみが倍になったと言えると思います。

デジタル一眼カメラだと、JPEGとは別にRAWデータで撮影した写真を残す事が出来ますね。

そのRAWデータを使ってRAW現像をします。

撮影時にカメラを操作して露出やホワイトバランスなど決めていたのを、撮影後にゆっくりとパソコンの画面を見ながら調整出来るというわけです。

パソコンで写真をRAW現像して綺麗に仕上げよう
 

JPEGファイルにも同じような調整が出来ます。
それ故、コンデジの写真も同じ様に写真の調整をして綺麗に仕上げる事が出来ますね。

下記に紹介するRAW現像は是非、試みてもらいたい操作です。

 

スポンサーリンク

 

写真が綺麗になる! RAW現像の仕方

写真を引き締めるなら露出・コントラスト

雰囲気を作るコントラストと露出
写真は光を捉えたものと言えるでしょう。だから露出とコントラストは写真の良し悪しを大きく左右します。写真全体だけでなく、部分的にも光の調整してみると写真はレベルアップしますね。露出とコントラストの調整方法について紹介します。

雰囲気を変えられるホワイトバランス・カラーバランス

雰囲気を変えられるホワイトバランス・カラーバランス
撮影時にホワイトバランスやカラーバランスの設定をし忘れてしまうのはよくあることです。でも大丈夫です。パソコンでRAW現像すれば調整出来ますから。ホワイトバランスやカラーバランスの調整方法について紹介します。


写真を綺麗にさせるなら、色相・彩度・輝度

写真を綺麗にさせるなら、色相・彩度・輝度
多くのカメラマンが綺麗な色を出したいと思ってシャッターを切っていますね。色もパソコンで調整して写真をブラッシュアップさせることが出来ますよ。色相・彩度・輝度(明度)の調整方法について紹介します。

相反するシャープとぼかしの調整が写真加工の肝

相反するシャープとぼかし
くっきりとした写真は見ていて気持ちが良いです。写真をシャープにすると画質が荒れ、ノイズがのってしまうので気を付けなければなりません。一方、霞みがかったぼやけやボケが情緒的な雰囲気になります。シャープとぼかしはどうやって加工したら良いのかまとめてみました。


写真が劇的に上手くなる! 周辺光量補正機能

周辺光量補正で視線を安定させて画像を引き締める
シャッターを切っただけでは写真に縁はつきません。RAW現像で写真の周りの濃淡を付けると被写体が際立ちます。すると視線が安定して見易い写真になりますね。周辺光量補正の方法について紹介します。


 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました