シャッター速度は変えられる?ブレを加える方法

シャッター速度か?絞りか?
写真撮影する時はファインダーをのぞきながら、一瞬で判断してカメラを設定してシャッターを切ります。

私もそうですが、絞り優先で写真を撮影する時が多いのではないでしょうか?

撮影後、シャッター速度優先で撮れば良かったと後悔する時があります。

その写真をパソコンでブレを加えてシャッター速度優先に変えられる?

裏技的な写真加工の方法を記します。

シャッター速度は変えられる?ブレを加える

 

 

動いている物にブレを加える

写真は一瞬を切り取った画像です。
動いている物は動きを感じられた方がしっくり来る場合があります。

例えば下の写真
シャッター速度を遅くしたので、ジョギングしている人がブレています。

走っている人がブレた写真

静と動が合わさる事により、面白みがある写真になりました。
三脚を使って、狙って撮影しました。

撮影した後に、写真加工で上の様な画像を試みた事例を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

Photoshopで電車を動かす

下の写真は遠近法が効いているからホーム手前が広く、奥が狭くなっているわけではありません。

黄色い部分を見てもらうと分かりますが、本当にホームの先端が狭くなっているのです。

面白いホームの形をしています。

右側の電車が動き出そうとしていたので、慌ててシャッターを切りました。
残念、ブラす事が出来ませんでした。

ホームの写真

Photoshopで電車を少しブラしてみたのが下の写真です。
俄然、ブラした方が面白くなったと思います。

電車をブラして動くを感じられる様にした写真

一部だけ時を止める魔法

私はシャッターを切る時に動いているものがある時は、少しブレた感じで撮りたいと思います。

でも、被写体がブレてしまっては困ります。

それで困った末に撮ったのが下の写真です。

風が強かったのです。
波打つ様に葉もエノコログサも激しく揺れていました。

私はその揺れている様子に惹かれたのでした。

北風にたなびいた草

葉のなびく形が面白く撮れたと思います。
でも、私は不満足なのです。

ブレた感じに撮影したかったのでした。
でも、シャッター速度を遅くするとメインの被写体であるエノコログサもブレてしまいます。

出来れば、エノコログサの時だけ止めて撮影したかったのでした。
現実ではありえない画像になります。

写真加工で魔法を使ったのが、下の画像です。

一部の時を止めた様な写真

Photoshopだからこそ出来た写真加工でしょう。
魔法は簡単ではありませんでした。

実際、レイヤーマスクを使ったりと、手の込んだ操作に時間を要しました。

でも、それだけの価値があると私は感じています。

動いていて欲しいる物にブレを加える

下の写真は紅葉の木の下に入り、見上げる様にして撮影したものです。
木の上の方は風の影響を受けやすいです。

それで背景の紅葉がいい感じに動いてくれてブレました。
動きが感じられて、面白い写真になりました。

背景がブレた紅葉の写真

この様に、都合よくブレてくれればいいのですが、必ずしもいい感じに風が吹いてくれるとは限りません。

そういう時に、写真加工でアクセントを付けたくなった事例を紹介します。

紅葉に動きを加える

秋の陽ざしが斜めから入り込んだ様子を撮影したのが、下の紅葉の写真です。
穏やかな写真ではありますが、下の方の枝が二本、気になります。
左から右に伸びているので、動きを感じさせます。

紅葉の写真

でも、紅葉は静止しているので、中途半端な感じです。

それでPhotoshopでブレを加えてみたのが下の写真です。
二本の枝が気にならなくなりました。

私はこのブラした写真の方がしっくりして見えます。

背景を写真加工でブラした紅葉の写真

田を風が行く

稲が実り、収穫間近の田を撮影したのが下の写真です。

撮影した後、つまらない写真になってしまったと思いました。
稲が一面に広がる様子を出したかったのですが、それ程、広がりが感じられません。

実った稲穂の写真

それであたかも、田に風が吹いているかの様に稲をブラしてみました。
そして水平などを調整したのが下の写真です。

こちらの方が面白みがあると私は思います。

ブレを加えた田の写真

シダの群生を揺らす

シダの群生に西日が入った様子を撮影したのが下の写真です。
シダは形が面白いですよね。
これはこれで私の気に入った写真です。

シダの群生の写真

このシダにブレを加えて、揺れている様子に変えたのが下の写真です。

主体のシダが引き立ちました。
やはり、静と動が一緒になった画像の方が、面白いです。

主体の前後にブレを加えたシダの群生の写真

 

タイトルとURLをコピーしました