Tough TG-5の私の実感しているメリットとデメリット

アフィリエイト広告の表示

OMDSのコンデジ、Tough TG-5を私は使っています。

Tough TG-5

今は後継機のTough TG-7が出ていますね。

コンデジとしては、キレキレの写真が撮れて、とても凄いのです。

ネット上では良い評価しか見かけないのですが、
私はTough TG-5を頻繁に使っているので、残念なところも感じています。

私の評価をまとめておきます。

スポンサーリンク

私が実感しているTough TG-5の優れているところ

比較明合成撮影が出来たり、沢山の機能がTough TG-5にはあります。
そういう特別な撮影ではなく、手軽に使うコンデジとしてのメリットを以下にまとめます。

TG-5で撮影
 

RAW撮影出来るアウトドアカメラ

コンデジでRAW撮影出来るカメラは少ないです。
しかも、Tough TG-5はアウトドアカメラの分類に入ります。

雪で楽しむ様子を撮影

山や海のアクティビティで撮影した写真をRAW現像してさらに綺麗に出来るというわけです。

希少なカメラと言えるでしょう。

気持ちが動いて撮った写真をRAW現像でダイナミックに仕上げることができますよ。

富士山とうろこ雲

 

キレキレの画質

Tough TG-5で撮影した写真を見ると驚きます。
キレキレな写真なのです。

Tough TG-5で撮影した富士山の写真

特に物の写真が綺麗です。

TG-5で撮影した手斧の写真

つまり近景の写真がいいと私は感じています。
逆光で草花の印象的な写真が撮れるでしょう。

TG-5で逆光で撮影した南天の写真

コンデジでこれだけ綺麗ならミラーレス一眼いらないのではないかと思ってしまいます。

キレキレな画質だけでも、買って損はないカメラだと私は感じます。

 

防塵性のおかげで長持ち

私が実際使っていて、一番のメリットを感じているのが防塵性です。

これまでの私のコンデジはズーム時に稼働する部分が動かなくなってしまって壊れてしまうことが多かったのでした。

下の様にコンデジのズームは前に飛び出ます。

コンデジのズーム時に前に出る部分

ズームの側面に粉塵などが付くとカメラの中に入ってしまいます。
それで壊れてしまったのでしょう。

Tough TGシリーズでは、カメラ内でズームします。
この優れた防塵性があるので、他のコンデジなら壊れてしまう様な粉塵の中でも写真が撮れます。

切り粉が舞うシーンの撮影

ダイナミックな写真が撮れます。

人が作業している所を撮る!
それに最も適したカメラがTough TGシリーズです。

粉塵が発生する作業している人

コンパクトで汚れに強い、
しかも防水性なので、水洗いが出来るのでメンテナンスも楽です。

RAW現像すると上の様に格好いい写真にすることが出来ます。

すばらしいコンデジだと思います。

 

ボケが楽しめるマクロ撮影

Tough TG-5が得意なのがマクロ撮影です。
例えば、下の様に2センチ間隔で斜めにピンを置きました。

等間隔に置いたピン

手前のピンに焦点を合わせると、後ろのピンは下の様にボケます。

Tough TG-5でマクロ撮影した背景がぼける写真

また、ピンにもっと近寄りピンの頭に焦点を合わせると、後ろのピンは玉ボケになります。

Tough TG-5でマクロ撮影した背景に玉ボケができた写真

下は椿を撮った写真です。
背景をぼかすことが出来ました。

椿の写真

この様に草花のマクロ撮影を楽しむことが出来ます。

 

スポンサーリンク

Tough TG-5のデメリット

上記にTough TG-5を買って良かったと私が実感していることを記しました。

次には、Tough TG-5の残念な点を記します。
おそらく、Tough TG-6になっても改善されていないでしょう。

 

マクロ撮影以外はボケない

マクロ撮影で綺麗にボケるので、他の遠景などの撮影でも背景をぼかしてくれると私は期待してしまいました。

ところが、全然です。
ボケてくれません。

例えば下のパースの効いた写真
手前の鳥居に焦点を合わせています。

ボケて欲しい背景がぼけない写真

遠く離れる喉、ボケて欲しいです。

Tough TG-5はキレキレの写真は得意です。
だからでしょうね、ぼかした撮影が不得意です。

イルミネーションを玉ボケにした写真なんかは、Tough TG-5では無理です。

夜景の玉ボケ
 

AFターゲットマークの変更が分かり難い

私が一番、Tough TG-5のデメリットを感じているのは、AFターゲットマークの変更です。

AFターゲットマーク

マクロ撮影では被写界深度が浅いので、
焦点を合わせる位置を右寄りにしたり、下にしたりと変えたくなります。

Tough TG-5の背面にはボタンやらダイヤルが結構ついています。

TG-5の背面のボタン等

色々と試したのですが出来ませんでした。

それで仕方なく取説で調べると、OKボタンを長押しすれば良いと記されていました。

背面の画面に表示されているマス目

画面にマス目が出てきて、AFターゲットマークを変えることが出来ます。

OKボタンを長押しというのは、分かり難いし覚えにくいです。

 

GPS衛星を捕まえ難い

Tough TG-5はGPS機能がついています。

例えば、電源オフ時にINFOボタンを押すと、コンパスが表示されます。
気圧、時間、標高、気温 も表示されます。

Tough TG-5のGPS機能の表示

そして、緯度経度が表示される筈です。

それにも関わらずGPS衛星をキャッチ出来ないです。
だから、移動した記録を取る機能、LOG もついているのですが、その機能をONにすると電池の消耗が激しいです。

上から見たTG-5

GPS機能は実際的に使えないです。

 

以上、Tough TG-5のメリットとデメリットを記しましたが、総合して判断すると私が使ってきたコンデジの中では、ナンバーワンです。

コンデジとしては値段が高いですが、それだけの価値があると思います。

今なら、Tough TG-7も出ているので、TG-5やTG-6は安く手に入ると思いきや!
Tough TG-7とあまり変わらない値段です。

未明の富士山

上の写真はTough TG-5で撮影したものをRAW現像しました。

RAW現像は難しくありません。
下記ページをご参考にして下さい。

参照 RAW現像の仕方

撮影だけではなく、写真をRAW現像して綺麗に仕上げよう
JPEGファイルにも同じような調整が出来ます。 それ故、コンデジの写真も同じ様に写真の調整をして綺麗に仕上げる事が出来ますね。 下記に紹介するRAW現像は是非、試みてもらいたい操作です。 RAW現像の実例 最新記事 どの様にRAW現像したの...

 

この記事は私が書きました
記事作成者
サイト管理者

サイト運営者・カメラ愛好家
マイクロフォーサーズのカメラを愛用しています。
撮影した写真が、RAW現像・写真加工をすると数段に綺麗になるのに驚いています。

サイト管理者をフォローする
撮影機材
スポンサーリンク
写真加工・画像編集のやり方 ピクジィ
タイトルとURLをコピーしました