1TBでは足らない! パソコンの容量不足の原因はPhotoshop

パソコンが困った状態にになっています。

趣味で写真を撮り出して5年
写真が撮れば撮る程、たまります。

気づいてみれば、気づいたらパソコンがパンクしそうな状態になっていました。

パソコンの容量不足に陥った原因と対策を以下にまとめます。

スポンサーリンク

1TBのHDDを積んだ私のパソコン

初めから写真が沢山になるのは分っていました。
だから、ノートパソコンながらも、1TBものHDDを積んだのです。

今になって、やはりデスクトップパソコンにすれば良かったと後悔します。

HDDの増設

簡単にHDDを増設できますからね。
写真編集にお勧めのパソコンを以下のページで紹介しています。

ご参考にして下さい。

参照 写真編集にお勧めのパソコンとは

Lightroomのスペックに合うお薦めのパソコンは
写真編集、RAW現像にはどういうパソコンを買ったらいいのだろうか? 私も初め戸惑いました。難しいです。 私は、Adobeにも問合せしてみましたよ。 画像編集がし易いフォトグラファー向けパソコン関連の情報をまとめます。 合...

 

ところが、そういう問題ではなかったのでした。

私のパソコンの記憶容量は、以下の通りです。

Cドライブ 256GB SSD
Dドライブ 1TB HDD

以下のフォルダはDドライブに保存されます。

  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ダウンロード
  • デスクトップ

つまり、大概のファイルはDドライブを使う事になります。

 

現状のパソコンの状態

いらないファイルを削除しました。
特にダウンロードフォルダは予想外に無駄に容量をとっていました。

それでやっと、下の様に56GBの空き領域を作ることが出来ました。

56GBの空き領域

使用領域の875GBの内、ピクチャが750GB使っています。

写真を趣味として撮りだして、たった5年しかたっていません。
それなのに、もう空き容量が56GBしかないのは辛いです。

750GBのピクチャフォルダ

主なDドライブのフォルダの使用容量は以下の通りです。

ドキュメント 67GB
ピクチャ 750GB
ビデオ 46GB
ダウンロード 4GB
デスクトップ 5GB

圧倒的にピクチャフォルダが大きいです。
写真が多いですからでしょうか?

 

容量が一般になった原因

私の場合、5年で750GBですから、単純計算すると、1年に150GB使っていることになります。

いくら沢山、写真を撮っていると言っても多すぎます。

パソコンがいっぱいになって驚き

私のカメラはマイクロフォーサーズです。
フルサイズ、APS-Cのカメラで撮った写真よりも、ファイルサイズが小さいです。

それなのに ・・・

容量という点で私の写真を見ていきましたら、原因が判明しました。

  • Jpegファイルは1.5MB、RAWファイルは16MB
  • 連写はあまりしません
  • Photoshopで加工したtifファイルは1GB以上のものも

一目瞭然、原因は、Photoshopです。

 

今後の対策案

Photoshopで加工したtifファイルがこんなに大きいとは気づきませんでした。

なぜ気づかなかったのかも踏まえて、容量不足対策を以下の様に練りました。

大きいtifファイル
 

Photoshopのtifファイルはどうするべきか?

良く調べてみると、Photoshopで加工した画像でも、100MB以下のものもあります。
大きいもので、2GBも!

パソコンからすると、Photoshopは要注意です。

そこで以下の手順で対応することにしました。

  1. まだPhotoshopで修正を加える可能性がある写真はそのままにしておく
  2. 基本、PhotoshopのtifファイルはJPEGに出力することにする
  3. tifファイルは削除

削除

 

Lightroom Classicの設定変更

私は写真の管理はLightroomの機能を使ています。
Lightroomにファイルサイズを表示させる機能があるのを見つけました。

Lightroomのメタデータ

上の様にライブラリにメタ情報が表示されます。

そこにファイルサイズを出すことが出来ます。
カスタマイズボタンを押すと下の様な画面が表示されます。

ファイルサイズにチェックを入れればいいわけです。

メタデータの表示のカスタマイズ画面

タイトルとURLをコピーしました